« 研究授業・公開授業におけるチャレンジ(広島県府中市立上下北小学校の研究発表会) | Main | 学会における「質問」の難しさ(日本教育方法学会第41回大会) »

2005.10.02

学会発表のスタイル(日本教育方法学会第41回大会・自由研究)

 本日,鹿児島大学教育学部を会場にして,日本教育方法学会第41回大会が始まった。午前中は課題研究Ⅰ「世界における授業研究の新しい挑戦と展望」に,午後は自由研究発表8のセッションに参加した。後者では,私が受け入れ窓口となっている,本学大学院の研究生がコミュニティスクールの実践についてレポートした。私も応援演説(?)をやった。
 ところで,先週の教育工学会と比べて,圧倒的にレジュメを読み進める形式での発表が多い。ほとんどパワーポイントを用いたプレゼンテーションを目にすることがなかった。所変われば,スタンダードも変わる。少々面食らった。明日の自分のプレゼンが浮かなければいいのだか――。

|

« 研究授業・公開授業におけるチャレンジ(広島県府中市立上下北小学校の研究発表会) | Main | 学会における「質問」の難しさ(日本教育方法学会第41回大会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究授業・公開授業におけるチャレンジ(広島県府中市立上下北小学校の研究発表会) | Main | 学会における「質問」の難しさ(日本教育方法学会第41回大会) »