« 無事(?)帰国 | Main | カリキュラム研究の名著を読む(平成17年度後期の大学院演習「学校教育学研究演習2」) »

2005.10.26

第56回放送教育研究会全国大会近づく

 10月,28日,29日(土)に,東京で,第56回放送教育研究会全国大会が催される。第1日目は,幼稚園,小・中・高等学校等で,授業公開や授業別研究交流会が実施される。私は,練馬区立八坂中学校会場に赴き,同校の実践研究について,東北学院大学の稲垣さんとともに,コメントする。同校は,番組利用等に全校で取り組んでいる。中学校の学校研究の好例だ。ぜひ多くの方に同校の実践をご覧いただきたい。
 2日目は,代々木の国立オリンピック記念総合センターに行き,実践研究交流会の「基礎・基本」セッションの司会・進行を担当する。ここでは,「わかる算数 5年生」等を利用して子どもたちの学力向上を図った実践例が2つ紹介される。いずれも,放送教育指導者養成講座の卒業生,川崎市立稲田小学校の佐藤拓さん(1期生)と広島県三次市立三和小学校の愛甲昌弘さん(4期生)だ。2人の師弟対決もとても楽しみだが,参加者自身が学力向上に対する放送番組活用の可能性を幅広く検討してもらえるよう,分科会を運営したい。
 さらに,この全国大会では,私が全放連研究部のメンバーと一緒に取り組んでいる,「放送学習による学力向上プロジェクト」の中間成果が「リーフレット」にまとめられ,参加者に配布される。これもぜひ,多くの方々に手にしていただきたい。

|

« 無事(?)帰国 | Main | カリキュラム研究の名著を読む(平成17年度後期の大学院演習「学校教育学研究演習2」) »

Comments

虎の穴の師弟対決楽しみですね。会場でぜひ見たいところでしたが、今回は行くことができません。残念です。またここでの記事で様子を知りたいとおもいます(^_^)v

Posted by: YOSHIMA | 2005.10.28 at 02:02 PM

英国調査,おつかれさまでした。
木原,佐藤両先生の足を引っ張らないよう必死について行きます。
参加者の方と共に,これからの実践についていろいろ学んで帰りたいと思います。当日もよろしくお願いします。

Posted by: 愛甲 | 2005.10.27 at 09:51 PM

ロンドンからの帰国、本当にお疲れ様でした。
日本も今日は冷え込みました。
あさってからの全国大会、参加する人に実り多いものになるよう、提案者として、また運営者として努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

Posted by: 佐藤 拓 | 2005.10.27 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無事(?)帰国 | Main | カリキュラム研究の名著を読む(平成17年度後期の大学院演習「学校教育学研究演習2」) »