« 『使える金融英語100のフレーズ』(東洋経済新報社刊) | Main | いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 »

2005.11.08

幼少連携の成果,すぐれたAET(千早赤阪村立の幼稚園・小学校・中学校の合同研修会)

 8日,大阪府南河内郡千早赤阪村立の幼稚園・小学校・中学校の合同研修会に参加した。村内6校園で,今年度より3年間,研究開発学校の指定を受け,英語科や情報科のカリキュラム開発に着手している。今日は,千早小学校の英語科(1,6年),赤阪小学校の情報科(1年)の授業が公開され,それをもとにした協議会が開催された。
 1年生の英語の授業を見学して,驚いた。動物園に遠足に出かけ,そこで見た動物についてコミュニケーションを図っていく活動(20分)が繰り広げられるのだが,1年生の児童の発音がキレイだ。そもそも,英語でコミュニケーションをとろうとする意欲が高い。指導者の質問に対して,みんな「I know!」と元気よく手を挙げる。村内の幼稚園で英語活動の経験を重ねているからだ。幼少連携の成果であるDSC01359
 もう1つ,すごいなと思ったことがある。それは,AETとして,村内の園や学校の英語活動に参画する,ノアさんの活躍だ。彼は,学級担任と連携しながら,授業にアドリブの活動を導入したり,子どもたちにきめ細かく接したりできる。教師らしい,子どもとの関わりにも長けている。こういうタイプのAETはそうめったにお目にかかれるものではない。このサポーターも,この村の英語活動のカリキュラムの開発と発展を支えるファクターだ。

|

« 『使える金融英語100のフレーズ』(東洋経済新報社刊) | Main | いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『使える金融英語100のフレーズ』(東洋経済新報社刊) | Main | いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 »