« いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 | Main | 小中一貫教育の成果,その証(周参見町立周参見小中学校の公開研究会から) »

2005.11.10

戦後教育実践からのメッセージ(『時代を拓いた教師たち』日本標準)

 先日『時代を拓いた教師たち』(田中耕治編,日本標準)を購入し,読んだ。この本は,戦後教育実践の代表的なものをセレクトし,それを研究者が解説しているものだ。古くは,無着成恭の「山びこ学校」,大村はまの「単元学習」,斎藤喜博の「介入授業」,遠山啓の「水道方式」などから,新しいところでは,向山洋一の「教育技術の法則化運動」など15の実践が取り上げられている。
 各実践は紙幅が限られている中で的確に当該実践の特徴がまとめられているし,それぞれの実践をさらに詳しく検討するためのブックガイドも示唆に富んでいる。
 我々も大学院時代, Japanese Models of Teachingという勉強会を運営し,我が国の指導法の比較検討作業を進めていたが,このような形できちんとまとめることができなかった。それだけに,こうした著書が刊行されたことをうれしく思うとともに,これを乗り越える企画を打ち出したいという気持ちを抱いた。

|

« いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 | Main | 小中一貫教育の成果,その証(周参見町立周参見小中学校の公開研究会から) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いよいよ周参見町立周参見小中学校の公開研究会 | Main | 小中一貫教育の成果,その証(周参見町立周参見小中学校の公開研究会から) »