« 日本の小学校の教授組織は劇的に変わった | Main | 授業研究のフロンティア(大阪教育大学附属平野小学校の公開研究会) »

2005.12.15

デジタルコンテンツの活用頻度等は?

 どうしてだろう。まだ風邪が治らない。喉が痛い。でも,原稿執筆をがんばらないと。
 ところで,本日,ある学生の修士論文研究計画の相談にのった。彼女は,デジタルコンテンツの日常的,継続的利用の要件について,検討したいと言う。彼女に言わせれば,「毎日」デジタルコンテンツを利用している状態が「継続的」と言える基準らしい。
 しかし,毎年何十回も学校現場に赴く私の経験からすると,そんな教師は皆無だ。また,(現在の一般的なIT環境からすれば)それは,望ましくもないように思う。だから,彼女に,まず実態把握が必要ですねとアドバイスした。
 このブログの読者は,デジタルコンテンツをどの程度利用していれば,「継続的」だと思われるだろうか。1週間に1度か,それとも1月に1度くらいか。あるいは,学期に1度程度だろうか――。 そもそも,「デジタルコンテンツ」という言葉を聞いて,それが何を意味するかをイメージできる教師の割合も調べないといけないようにも思う。

|

« 日本の小学校の教授組織は劇的に変わった | Main | 授業研究のフロンティア(大阪教育大学附属平野小学校の公開研究会) »

Comments

皆さん,デジタルコンテンツの活用に関するコメント,ありがとうございました。院生も勉強になったと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: 木原@大阪市立大学 | 2005.12.16 at 11:31 PM

デジタルコンテンツの継続利用ですか・・・
以前担任をしていたときには、常にOHCとPCをプロジェクターに接続し、毎日活用していました。インターネットからの動画クリップ、パワーポイントで作った教材(算数が多かったかな)、教科書・資料集の拡大、児童のノートの提示、などです。
やはり、デジタルコンテンツを日常的に活用するためには教室環境の整備が必要ですね。
それから、教師が学習指導のプランを作成するときに、教師自身がデジタル教材や機器に対する理解を前提として、指導を豊かにするために必要なものという意識や考えがあるかと言うことではないでしょうか?
つまりデジタルコンテンツを教師が身近なものと考えていれば、ある意味使用頻度にかかわらず日常的な活用をしていると言える気もしますが・・・
雑感です。
木原先生早くお元気になってください。

Posted by: 鈴木 衆 | 2005.12.16 at 10:42 PM

木原先生,静岡の武藤です。
ちょくちょく,拝見させていただいています。
自分は,毎時間板書を撮影しておいて,それを見せて前時の復習を行うことから授業を始めています。この使い方だと,無理なくいろいろなコンテンツを使おうと思うようになります。http://www.enpitu.ne.jp/usr4/48536/diary.html
(これも,昨年度,松下財団から頂いたプロジェクターをほぼ自分専用で利用できるからできることですが。)

Posted by: 武藤寿彰 | 2005.12.16 at 07:10 AM

ちなみに今週数えてみたら,プロジェクタの使用頻度は毎日,計13時間使うことになりそうです(まとめのテストの時期だからこの程度。ふだんはもっと多いかも)。提示したものについては,デジタル教科書から,マット運動の動画,家庭科の時間にOHCで拡大して見せた教室のゴミまで様々(ゴミがデジタルコンテンツと言えるかどうかは分かりませんが…)。
毎日使えるのも,教室にプロジェクタとOHCがあってこそです。学校にプロジェクタやOHCの数が限られているのなら,週に1回でも「日常的・継続的」と言えるのかもしれませんが。
また,「デジタルコンテンツ」という言葉の普及度は低いと思います。この前,町教育研究所の研究授業の指導案で「デジタルコンテンツ」という言葉を使っていたら,「その言葉は研究所としてきちんと定義付けされていますか?そうでなければデジタル教材という言葉の方が適切です」と指導主事に指摘されました。実際「デジタルコンテンツ」という言葉を説明しないといけないことは多いですね。

Posted by: nabe | 2005.12.16 at 06:36 AM

木原先生、お風邪がだいぶよくないようですね。本校でもお腹にくる風邪がはやってきています。本当にお大事にしてください。
さて、デジタルコンテンツですが、私は1週間に1度でも使っていれば継続していることになると思います。確かに毎日使うことができれば理想ですが・・・継続という意味では、例えばある教科の、年間すべての単元で、どこかの場面で使っていれば「その教科で継続的に利用している」ということになると思います。
またおっしゃるように、何をもって「デジタルコンテンツを利用した」ことになるかも、定義によって違ってくると思います。
雑駁な意見ですみません。


Posted by: 佐藤 拓 | 2005.12.15 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本の小学校の教授組織は劇的に変わった | Main | 授業研究のフロンティア(大阪教育大学附属平野小学校の公開研究会) »