« 「もし○○だったら――」と授業や学校や教師に関する常識や現状を疑ってみたら―― | Main | 卒論審査始まる! »

2006.01.19

次年度4年生の卒論指導がスタート

 現在の3年生を対象とする,卒論指導がスタートした。現在我が教育学教室には,ゼミという概念が存在していないので,4年生の卒論作成プロセスを3年生は知らない。だから,今日は,どのようなタイムスケジュールで卒論を作成していくのか,教室をあげての合同指導(4月,7月,10月)に向けてどのような準備を進めていくのかなどについて教示した。
 今日初めて問題意識を聞かせてもらったが,私が担当する学生の研究的関心は,「幼稚園と小学校の連携」,「国語科の指導における『こころの教育』の展開」などにある。彼女たちは,文献研究だけではなく,学校現場に出かけることを望んでいるから,また,いくつかの学校園や教師に訪問等を要請することになろう。

|

« 「もし○○だったら――」と授業や学校や教師に関する常識や現状を疑ってみたら―― | Main | 卒論審査始まる! »

Comments

 論文に取りかかる頃は,期待に胸がふくらみ,わくわくする時期ですね。懐かしく思います。
 さて,学部生が国語科に関心をもっていただけるのは,大変有り難いことです。私の周辺では,総合的な学習,社会科,教科外を専攻する方が多いからです。ぜひとも若い方の視点から,国語科指導についてのご意見を伺えたらと期待しております。

Posted by: はやし | 2006.01.20 at 05:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「もし○○だったら――」と授業や学校や教師に関する常識や現状を疑ってみたら―― | Main | 卒論審査始まる! »