« 20年越しの対談実現 | Main | 国語科の目標や評価規準・判断基準(ある学校の研究授業から) »

2006.02.20

学校と地域の連携に関する報告・発表(大阪市教育委員会の「はぐくみネット」フォーラム)

 18日に,地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅近くのクレオ大阪中央ホールで,「はぐくみネット」のフォーラムが催された。これは,大阪市の各小学校が地区協議会等とタイアップして展開している学校,家庭,地域の連携プロジェクトに関する研究発表会だ。本年度までに,市内300弱の学校のうち,186校で実施されている。当日は,3つの小学校区の実践報告,3つの小学校区のステージ発表の後,私がコーディネータ役を務めるパネルディスカッションが繰り広げられた。DSC02649
 さて,6校区の報告や発表は,取り組みの特長を示すべく,たいへん工夫されたものであった。例えば,ある学区では,子どもたちの安全確保のために地域住民のボランティアが「見守り隊」を結成しているが,そのテーマソングを歌ってくれた(歌はDVD化されているが,その収録の模様も映像で示してくれた)。またある学区では,地域住民のボランティアが子どもたちに紙芝居や本の読み聞かせの場を提供してくれているが,それを実演してくれた。
 生涯学習の営みらしい,楽しく,豊かなフォーラムとなった。はぐくみネットの実行委員会委員の1人として,とてもうれしかった。

|

« 20年越しの対談実現 | Main | 国語科の目標や評価規準・判断基準(ある学校の研究授業から) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 20年越しの対談実現 | Main | 国語科の目標や評価規準・判断基準(ある学校の研究授業から) »