« 授業が同僚に開かれている学校(竹原市立忠海中学校) | Main | レポートの観点別評価(教職の1週間のシミュレーション) »

2006.02.10

「学校デジタル羅針盤」最後の出演

 10日11:30から,NHK教育テレビジョンで,『学校デジタル羅針盤』の第18回(放送日:2/10・2/17)が放送される。番組が今年度で終了になるため,この回は,私の同番組解説の最後の回となる。
 今回は,小学校中学年の道徳番組「さわやか3組」を活用した,名古屋市の実践事例を題材にして,道徳教育における放送番組利用の意義を再確認したり,そのための前提条件を整理したりした。
 最後の出演となるから,できるだけ多くの方に目にしてもらいたい。再放送もあるし,『学校デジタル羅針盤』のホームページでも動画配信がされているので

|

« 授業が同僚に開かれている学校(竹原市立忠海中学校) | Main | レポートの観点別評価(教職の1週間のシミュレーション) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業が同僚に開かれている学校(竹原市立忠海中学校) | Main | レポートの観点別評価(教職の1週間のシミュレーション) »