« メディア・リテラシー教材の評価(総務省事業の一環) | Main | 食を通じた異校園種連携(大阪教育大学附属平野幼小中学校の先生方との勉強会から) »

2006.02.27

「研修力」の高い学校(丹波市立西小学校の校内研修)

 27日に,兵庫県丹波市立西小学校の校内研修に参加した。私を含め,参加者は,6年生の理科の授業を見学した後,それをもとにした事後協議,今年度の学校研究の総括をいわゆるワークショップ型で展開した。写真は,研究授業の評価を2グループに分かれて進めている様子である。DSC02867
 協議は20分ほど,総括は30分ほどの時間しか確保できなかったが,実に内容の濃い議論が成立した。各教師が,すばやく,また簡潔明瞭に,授業や学校研究についての意見を書き出せるからだ。またグループになって,各意見を類型化し,ラベルをつけ,その整理結果を上手に発表できるからだ。
各教師が主体的,また能動的な研修のスタイルによく慣れている。だから,短い時間でも,多様な意見が表出され,また比較検討される。「研修力」が高い。こういう学校の実践研究は必ず発展すると思う。研究授業の工夫や課題の共有化が促されるから。
 そういえば,研究授業も子どもたちが主体的,個別的な追究を繰り広げ,またその成果をクラスの仲間に伝えて,その共有が成立していた。教師たちの研修スタイルと,子どもたちの学習スタイルが共鳴していた

|

« メディア・リテラシー教材の評価(総務省事業の一環) | Main | 食を通じた異校園種連携(大阪教育大学附属平野幼小中学校の先生方との勉強会から) »

Comments

お忙しいところお世話になりました。今年1年、校内研修の活性化にとりくみました。授業は・・・(汗)でしたが、事後研のワークショップは盛り上がりました。とりくみを整理していただき、ありがとうございました。

Posted by: ほそみ | 2006.03.06 at 08:55 PM

お世話になりました。「学び直し」という当たり前のようなことですがなかなか意識してしていないことをアドバイスして頂きありがとうございました。保護者から西小の取組をほめて頂くようにしたいと思っています。

Posted by: hori | 2006.02.28 at 10:17 PM

昨日はお世話になりました。
先生のブログを細見君に見せてもらいました。
ほめてもらっているのかな?こんな年になってもほめてもらうとやる気が出てきます。研修も4年目。なかなか思う様に私の中では消化でききれていませんが、一緒に研修できるだけでも幸せかなと思っています。これからも、西小の研修にぜひ参加してくださって、よきアドバイスをお願いいたします。

Posted by: 松岡幸代 | 2006.02.28 at 06:19 PM

西小職員です。本日はお忙しい中、遠くまでお越しいただきありがとうございました。先生の歯切れの良いご指導を受けることが出来、感激です。細見君も頑張ってくれていますので今後とも西小どうぞよろしく!ブログいつも見ています。

Posted by: 上月 | 2006.02.27 at 11:04 PM

本日はありがとうございました。「研修力」という言葉はとても心に残りました。また子ども達の「学び直し」という新しい課題をについて時間をかけて考えたいと思います。

Posted by: fuki | 2006.02.27 at 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メディア・リテラシー教材の評価(総務省事業の一環) | Main | 食を通じた異校園種連携(大阪教育大学附属平野幼小中学校の先生方との勉強会から) »