« 「反省的実践家としての教師像」はイメージしづらい? | Main | 卒業論文・修士論文の評価 »

2006.02.13

「メディアとのつきあい方」について講演(大阪市立総合生涯学習センターの「マルチメディア研修」講座)

 13日,大阪市立総合生涯学習センターの「マルチメディア研修」講座で講演を担当した。この講座は,同センターと我が大阪市立大学との連携講座で,私以外にもいくつかの部局の教員が連続して講演等を担当する。「マルチメディア」や「IT」がキーワードで,講座の趣旨文には,それらと「『上手につきあう』ための知識を提供する」と謳われている。
 担当した回では,学校や社会の情報化の実態を整理した後,いわゆるメディア・リテラシーの概念,それを育成する方法論を呈し,またそれらに即した事例を紹介した。教員対象の講演ではないのでいつもと勝手が違ったが,まあなんとか終わってほっとしている。
 しかし,これで今日も原稿を執筆する時間がなくなった――。

|

« 「反省的実践家としての教師像」はイメージしづらい? | Main | 卒業論文・修士論文の評価 »

Comments

ご無沙汰しています。
先生の「メディアとのつきあい方」の講演,
ぜひ拝聴したいです!

Posted by: NOB | 2006.02.15 at 11:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「反省的実践家としての教師像」はイメージしづらい? | Main | 卒業論文・修士論文の評価 »