« 『教師が磨き合う学校研究』の刊行近し | Main | 「学校研究」に関する貴重な提言(熊本の前田先生のブログ) »

2006.03.21

e-Learningの効果の追跡研究(eCCプロジェクトの縦断的・実践的評価)

 本日は,奈良教育大学の小柳さんを研究代表者とする科学研究費補助金の報告書原稿の執筆に忙殺された。これは,「総合的な学習のカリキュラム開発においてリーダーシップを発揮する,カリキュラム・コーディネータの力量形成を目指したe-Learningプログラムの開発・評価研究eCCプロジェクト)だ。松下教育研究財団の平成17年度研究開発助成研究とも連動している(こちらは私が代表者だった)。
 eCCプロジェクトの参加メンバーの学校を訪問して授業を観察したり,学校の実践研究へのアクションをヒアリングしたりしてきた。
 私たち(木原,小柳さん@奈良教育大学,堀田さん@NIME,山内さん@東京大学)が開発した,学校のミドルリーダー養成用e-Learningプログラムの長期的効果がある程度検証されたと思う。 e-Learningの効果をこのような形で縦断的に,また実践的に検証した研究は皆無に等しいと思うので,知見を積極的にアピールしていきたいと思う。

|

« 『教師が磨き合う学校研究』の刊行近し | Main | 「学校研究」に関する貴重な提言(熊本の前田先生のブログ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『教師が磨き合う学校研究』の刊行近し | Main | 「学校研究」に関する貴重な提言(熊本の前田先生のブログ) »