« 情報教育マイスターの能力・資質(情報教育マイスター養成研究会での議論) | Main | 2人で勉強会その2 »

2006.03.27

NHKデジタル教材を活用した「繰り返し」学習(第37回なにわ放送教育研究会での実践報告から)

 27日,NHK大阪で,第37回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,5本の実践が報告された。その1つに,HKデジタル教材を活用した「繰り返し」学習のレポートがあった。
 彼は,年度末に,「わかる算数5年生」のデジタル教材を活用して,子どもたちに選択的な復習場面を提供した。同番組の第16回『割合がわかる』,第19回『グラフがわかる』,第20回『算数の世界を広げよう』に連動したデジタル教材を,テスト結果等を参考にしながら,子どもたちが選択して復習を進めていった。あの番組やデジタル教材の特徴を活かした取り組みだと思うし,それを引き出すために,この教師はワークシートの書式を工夫したり,子どもたちの自律的な復習の過程を授業の最初にモデル化して示したりしていた。
 ただドリルに時間をかけるだけのものと違って,この「繰り返し」学習は,子どもに教材を選択させる,映像教材の直接教授性やストーリー性を活かして楽しい学習を構成しているといった点で,すぐれていると思う

|

« 情報教育マイスターの能力・資質(情報教育マイスター養成研究会での議論) | Main | 2人で勉強会その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 情報教育マイスターの能力・資質(情報教育マイスター養成研究会での議論) | Main | 2人で勉強会その2 »