« 全放連VSなにわ放研(4月1日) | Main | 放送教育指導者養成講座「虎の穴」最後のオフミ »

2006.03.02

研究主任を対象とする研修会-そのデザイン-

 2日,岡山市教育委員会及び同教育センター主催の研修会で講演を担当した。これは,同市内の幼稚園・小学校・中学校の研究主任を対象とするものだ。私の「学力向上を目指す授業の改善と校園内研究の改革」と題する講演だけでなく,今年度の校園内研究の成果を持ち寄り,それを共有するための交流会も用意されている。研究主任たちは,そこで,「校園内研究の進め方と研究内容について」,資料を交わし,意見を交換する。
 最近,行政研修の講師を依頼されてがっかりするのは,指導主事がなんのポリシーも持たずに,研修の内容やプログラムを私たち研究者任せにすることであった。ひどいときには,1日とか半日,「すべて先生にお任せしますので,よろしくお願いします」とリクエストされる。彼らも,その場にいるのに――。
 今回は,違った。教育センターは,私の講演を各学校園が自らの実践研究を点検する際の視点の提供と性格づけ,それをフォローする場面をきちんとデザインしていた。こういう研修には,協力のしがいがある。

|

« 全放連VSなにわ放研(4月1日) | Main | 放送教育指導者養成講座「虎の穴」最後のオフミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 全放連VSなにわ放研(4月1日) | Main | 放送教育指導者養成講座「虎の穴」最後のオフミ »