« 今年度の卒論指導の担当 | Main | 研究主任は研究授業の何に注目すべきか »

2006.04.15

学校研究の充実に向けたアクションプランとその評価(LTプロジェクト2年度目の活動)

 松下教育研究財団の支援を受けて企画・運営している,学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)の2年度目がスタートし,本日第1回目のオフミを迎えた。これは,研究主任として,学校の実践研究を充実させるための力量を獲得してもらうためのプロジェクトだ。
 今年度は,参加者に,昨年度にこのプロジェクトで獲得してもらった実践的知識を,所属校の学校研究において活用してもらう。本日のオフミでは,そのアクションに関するプランを報告してもらい,相互に評価しあった。Dsc03225
 アクションの整合性,具体性,実現可能性(アクションに軽重があるか),個別性(学校の状況に呼応しているか),継続・発展性(次年度の学校研究を意識しているか)などの点で,プランのブラッシュアップが進んだと思う。参加者のアクションが量的にも質的にも増すことが期待される。

|

« 今年度の卒論指導の担当 | Main | 研究主任は研究授業の何に注目すべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年度の卒論指導の担当 | Main | 研究主任は研究授業の何に注目すべきか »