« 「学校研究」の企画・運営に関する行政研修 | Main | 「教師発達学」の講義スタート(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »

2006.04.12

「教師発達学」の内容(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義)

 明日,大阪教育大学の大学院・実践学校教育専攻の「教師発達学」の担当が始まる。この実践学校教育講座は,夜間の課程で,現職教員が主たる学生だと聞く。本日,その内容の詳細を説明するプリントを作成した。この講義の内容は,次のようなものを予定している。講義の前半は授業力量とその発達に関する概説,後半は授業研究や学校研究を通じた力量形成,そして,フィナーレは,受講生自らの力量形成プランの作成だ。受講生の大半が現職教員であると聞く。この内容でよいのか,私も手探りの状態がしばらく続くだろう。

第1回 オリエンテーション(授業研究と教師教育の関係)
第2回 教師の授業力量(教師の信念・知識・技術)
第3回 教師の反省的成長
第4回 授業力量の発達過程
第5回 初任教師の授業力量の発達
第6回 ベテラン教師の授業力量の発達
第7回 授業研究の類型
第8回 授業力量の比較研究
第9回 アクションリサーチの事例と構想
第10回 学校研究(校内研修・研究)の意義・成立要件
第11回 学校研究の計画策定
第12回 学校における授業研究会のデザイン
第13回 学校を基盤とするカリキュラム開発
第14回 自らの授業力量形成プランの策定
第15回 総括

|

« 「学校研究」の企画・運営に関する行政研修 | Main | 「教師発達学」の講義スタート(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学校研究」の企画・運営に関する行政研修 | Main | 「教師発達学」の講義スタート(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »