« 新年度のスタート | Main | 「小学校の教科担任制」に関する主張 »

2006.04.08

在外研究での学び

 和歌山大学教育学部の野中先生が現在,英国で在外研究中である。彼の地での様子を,ご自身のブログで詳細にレポートなさっている。たいへん勉強になる。
 私は,英国,韓国,中国を中心に,既に20回以上,研究にために外国を訪れている。しかしいずれも,短期間の調査等だ。最も長い場合で12日間だし,短い場合は,恥ずかしながら滞在20時間(中国,上海)なんてのもある。延べ日数も100日をかなり下回っていると思う。
 それゆえ,長期にわたる在外研究での学びの経験,そこでしか得られない知見や人間関係を手にしていない。研究者としては,ウィークポイントであろう。
 大学教官(教員)になって15年の月日が流れているが,なぜか長期の在外研究とは縁がない。まあ,それが運命だと思って,自分流にショートステイを繰り返すのもいいかなと思い始めている――。

|

« 新年度のスタート | Main | 「小学校の教科担任制」に関する主張 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新年度のスタート | Main | 「小学校の教科担任制」に関する主張 »