« ガイダンスで1日が終わる | Main | 「教師発達学」の内容(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »

2006.04.11

「学校研究」の企画・運営に関する行政研修

 現在,『教師が磨き合う学校研究』(「ぎょうせい」より刊行予定)の最終校正に取りかかっている。それに呼応するように,いくつかの地域の教育センター等から,学校研究の企画・運営に関する研修への協力要請が続いている。鳥取や北九州のものは日程調整をしてくれたので,協力できることになった。既に,平成16年度から,岡山市教育センター主催の校園内研究に関する研修では講演や講評を担当させてもらっている。どうも,ここ1,2年の間に,こうしたテーマの行政研修が再(?)評価されているように思う。やはり,様々な社会的状況の下,学校における実践研究,教師たちの共同的な取り組みの必要性と重要性が高まっているのだ
 そういえば,8月上旬のIMETSのワークショップでも,学校研究の推進に関するものを担当することになった。

|

« ガイダンスで1日が終わる | Main | 「教師発達学」の内容(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ガイダンスで1日が終わる | Main | 「教師発達学」の内容(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) »