« 読解力の育成に向けたアプローチ | Main | 『教師が磨き合う学校研究』(ぎょうせい)の刊行成る! »

2006.05.27

授業におけるデジタルコンテンツ利用の現状分析(JSET06-3)

 本日,奈良教育大学を会場にして,日本教育工学会の研究会(JSET06-3)が開催された。私が指導(?)している大学院生が,「授業におけるデジタルコンテンツ利用の現状分析」について発表した。ベネッセ教育総研のご協力によって実施した,教員を対象とするアンケート調査の結果を整理して報告するものである。小学校教師717名,中学校教師532名,合計1249名から回答を得た結果に基づく。Dsc03956_1 回答者の6割がデジタルコンテンツをほとんどないしは全く活用していない,活用している教師でもその70%は「学期に数回」程度である,活用頻度が高い教師のコンテンツ利用には「多様性」「柔軟性」を確認できるといった知見を報告した。
 調査の枠組みを越えているためデータに基づいた回答は難しい質問が相次ぎ,本人はリアクションに窮していたが,このトピックを追究することの意義は理解され,共感されたと思う。よくがんばりました――。

|

« 読解力の育成に向けたアプローチ | Main | 『教師が磨き合う学校研究』(ぎょうせい)の刊行成る! »

Comments

膨大なデータを分かりやすく整理された今日の発表をお聴きしていて興味が沸き,さらに知りたいことが生まれてきました。良い発表をありがとうございました!

Posted by: なりた | 2006.05.27 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 読解力の育成に向けたアプローチ | Main | 『教師が磨き合う学校研究』(ぎょうせい)の刊行成る! »