« 教室の共通化と没個性化(英国視察第3日目) | Main | 海辺の街,ブライトン »

2006.05.21

勉強熱心な英国の学校長(英国視察第3日目)

 19日午後,ブライトン郊外のある初等学校の校長室で,学校長から,学校の概要について,説明を受けた。その後,彼女の案内で,校内の各クラスを巡った。Dsc03818 彼女は,7年間,同校の学校長を務めているが,自校のカリキュラムや教師について熟知している。我々の質問にも即座に答えが返ってくるし,必要な資料が書棚からさっと出てくる。OFSTEDのレポートも一部見せてもらったが,毎週更新しているというドキュメントは,実にていねいに記されていた。
 英国の学校長には予算権,人事権が与えられているのはよく知られていることであるが,それを委ねてもらえるためには,相当の努力を費やすことになる。総じて,彼らは,勉強熱心だ。

|

« 教室の共通化と没個性化(英国視察第3日目) | Main | 海辺の街,ブライトン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教室の共通化と没個性化(英国視察第3日目) | Main | 海辺の街,ブライトン »