« お祝いのケーキ | Main | 授業におけるデジタルコンテンツ利用の現状分析(JSET06-3) »

2006.05.26

読解力の育成に向けたアプローチ

 本日,守口市立三郷小学校の校内研修に参加した。同校は,今年度,「読解力」の育成を目指した実践研究を展開している。本日は,4年生国語科の説明的文章の読み取りに関する授業を見学し,それを題材として,読解力とその育成に向けた指導と評価について,教員間,教員と私の間で,意見を交換した。
 私は,今日的な「読解力」は,1)その対象に文字だけでなく図表も含まれる,2)情報の取り出しだけでなく,その解釈や熟考・評価を含む能力である,3)記述などにより,自らの意見を論じることも重視されている,といった点をアピールした。
 また,読解力の育成が確かな学力,とりわけ,技能・表現と思考・判断の能力の育成と深く関係していること,それらの育成に向けた指導と評価には,多様なアプローチが構想可能であることを解説した。
 そして,それぞれの教師が,旧来の国語教育における読解力の育成をアレンジする形でその指導に取り組み,チャレンジの成果を共有し,整理することが学校研究として重要であることに言及した。

|

« お祝いのケーキ | Main | 授業におけるデジタルコンテンツ利用の現状分析(JSET06-3) »

Comments

わたしの書き方がまずかったですね。
nabeは三郷ではなく,宮崎県の教員です…f(^ー^;

Posted by: nabe | 2006.05.30 at 06:18 AM

「教師が磨きあう」の出版おめでとうございます。誕生日にあわせるなんぞ、流石ですね。
ぎょうせいの本は店頭に並ぶのですか、入手方法など教えてください。(公開してください)
三郷の「読解力」も楽しみにしています。ベネッセの調査結果と対照させながら、各教科とりわけ国語科の「狭義の読解力」アレンジして整理して共通理解できるようにしていく研究という感じですか。本校もデータが在るのでハンドブック片手に考えてみます。明日から三郷に「不出来の実習生」を送り込ませてもらいます。nabeさんよろしく。

Posted by: 隠居 | 2006.05.28 at 09:20 PM

誕生日おめでとうございます(記事が違いますが)。

うちの学校の研究,従来の「読むこと」に傾きかけていたのですが,管理職の温かい励ましのおかげで「読解力」の研究をスタートすることができました。

Posted by: nabe | 2006.05.27 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お祝いのケーキ | Main | 授業におけるデジタルコンテンツ利用の現状分析(JSET06-3) »