« 即興性のある披露パーティー(授業と同じだ!) | Main | 実践者によるアクションリサーチの醍醐味(研究と実践の乖離に遭遇して) »

2006.05.03

カリキュラム研究の多元性に迫る(カリキュラム研究会の開催)

 本日,三重県の津市を訪れた。大阪市立大学の大学院生やOBとカリキュラムに関する研究会を開催するために(また,そのうちの数名と科研の打ち合わせをするために)。先日このブログで紹介したように,私は,「カリキュラム開発研究の動向と課題」について報告した。
 他のメンバーは,カリキュラム評価の実践動向(国内外),カリキュラム史研究,学校現場のカリキュラムの実際などについて報告してくれた。
 この研究会のメンバーは,「カリキュラム」を結合子にして異なる専門性を共鳴させ,カリキュラム研究,教育研究の多元性,複雑さに迫ろうとしている。これから10年続けることを誓って,研究会をお開きにした(そんなに長生きできるかなあ,ちょっと不安)。次は7月に開催する(2ヶ月に1回開催の予定)。

|

« 即興性のある披露パーティー(授業と同じだ!) | Main | 実践者によるアクションリサーチの醍醐味(研究と実践の乖離に遭遇して) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 即興性のある披露パーティー(授業と同じだ!) | Main | 実践者によるアクションリサーチの醍醐味(研究と実践の乖離に遭遇して) »