« 「きめ細かな指導」の重要性を小中学校の教師が共通理解するために | Main | なにわ放送教育研究会の新しいスタート »

2006.05.10

キャロットパンを食べてしまった――

 先日,とある小学校で給食をごちそうになった。当日のメニューは写真のとおりである。お好み焼き,酢の物,ヨーグルト,牛乳,そして「キャロットパン」だった。Dsc03487 私は,知る人ぞ知る,人参嫌い(卯年なのだが――)。しかし,このキャロットパンを食べてしまった。オレンジピールかと思ってむしゃむしゃ食べていたのだ。しばらくして,放送で「今日は,キャロットパンです。ビタミンが豊富で――」と紹介され,びっくりした。聞いたとたんに,食欲はなくなってしまったが,人参でもなんとかなる,新しい発見のランチだった。
 それにしても,このメニューは,ややまとまりにかける。栄養のバランスはよいのかもしれないが,コンセプトがよく分からない。この学校では何度も給食をごちそうになっていて,いつもはもっとずっとコーディネートされた品々なのだが――。給食の献立も毎日のこととなると,アイデアがつきてしまうのかもしれない。

|

« 「きめ細かな指導」の重要性を小中学校の教師が共通理解するために | Main | なにわ放送教育研究会の新しいスタート »

Comments

木原先生、えらかったですね。先生にも苦手なものがあると知った時、なんだかちょっとうれしかったです。ちなみに、今回はちゃんと牛乳は飲んだんですか?(笑)

Posted by: さくあゆ。@NED | 2006.05.10 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「きめ細かな指導」の重要性を小中学校の教師が共通理解するために | Main | なにわ放送教育研究会の新しいスタート »