« 「伝え合う力」を高める-評価規準の作成と運用- | Main | 「指導主事力」が発揮された教員研修 »

2006.06.01

全放連・学力向上プロジェクト2年度目の研究授業

 全放連の研究活動,「放送学習による学力向上プロジェクト」の2年度目がスタートしている。今年度は,松下教育研究財団の実践研究助成も受けているので,いっそう研究活動を充実させる必要がある。今日は,本年度2回目の研究会が渋谷のNHKで催された。Dsc04037 今年度も,メンバーそれぞれが,学力向上と学校放送番組利用との接点を追究する。と同時に,2回の研究授業が企画・運営される。1学期は,7月19日(水,2学期制のため26日が終業式)に,川崎市立夢見ヶ崎小学校4年生担任の草柳さんが,『ふしぎ大調査』を活用して,星の観察に関する意欲や技能を高める授業を展開する。
 実は,これまでにも,全放連の研究プロジェクトでは,理科の学力向上に資する授業を設計・実施・評価してきている。それらのコンセプトやデザインをどう乗り越えるかが,草柳さんの大きな課題だ。しかし,放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)の「優秀な」卒業生たる,彼のことだ。この難題も克服してくれるに違いない。

|

« 「伝え合う力」を高める-評価規準の作成と運用- | Main | 「指導主事力」が発揮された教員研修 »

Comments

木原先生、過分なお言葉、ありがとうございます。
また、お忙しい中、いつもありがとうございます。
このお言葉をプレッシャーとならぬよう、ひたすら前向きに取り組んでいきたいと思っていますので、今後もご指導、よろしくお願いします。

Posted by: joji | 2006.06.01 at 11:42 PM

おや?今日って1日でしょうか?
お会いできればいいのになー。

Posted by: はっとる | 2006.06.01 at 12:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「伝え合う力」を高める-評価規準の作成と運用- | Main | 「指導主事力」が発揮された教員研修 »