« 「道徳的」思考力や「道徳的」コミュニケーション | Main | 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 »

2006.06.14

「伝え合う力」の育成と放送番組の活用

 14日,NHK大阪で,第40回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,奈良の金原さんが,研究授業のプランを紹介してくれた。それは,『わかる国語 読み書きのツボ 5・6年』を活用した「描写力」育成の試みである。
金原さんの学校は,「言語的理解力・表現力を育成する指導法の工夫~子どもたちの伝え合う力を高めるために~」を研究主題に据えている。彼は,指導法の工夫の一環として,この番組の活用を主柱とする「国語力」向上計画の策定,そのための特設単元群の開発に着手している。しかも,同学年の3つのクラスの担任も巻き込んで(すごい!)。「伝え合う力」・読解力・国語力などの概念の整理,個に応じた指導と番組活用の接点の開拓などについて議論した。

|

« 「道徳的」思考力や「道徳的」コミュニケーション | Main | 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「道徳的」思考力や「道徳的」コミュニケーション | Main | 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 »