« 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 | Main | 日本教育工学会の6月シンポジウム(「2007年以降の教員の大量退職に伴う教育現場の諸問題 ~若手教員の授業力向上戦略を探る~」) »

2006.06.16

デジタルコンテンツの利用に関する比較研究

 私が指導している大学院生が,デジタルコンテンツの利用に関する比較研究を構想している。デジタルコンテンツをよく利用する教師が,どのような学力の育成を目指して,いかなる場面で,それを用いているかを,実際にいくつかのコンテンツを見てもらいながら,回答してもらうものだ。コンテンツ利用に関する,教師の実践的知識を抽出することが目的である。
 私がかつて,日本賞候補となった学校放送番組を調査刺激に用いて,若手教師とベテラン教師に,番組分析や番組を用いた授業の設計を依頼し,その異同を確認した研究をひな形としている(この研究は『授業研究と教師の成長』<日本文教出版>に収録されている)。あの研究を発展させるべく,院生には,デジタルコンテンツ利用に関する教師の英知をしっかりと探ってもらいたい。
 何人かの読者には,調査へのご協力を依頼するかもしれない。その際には,どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 | Main | 日本教育工学会の6月シンポジウム(「2007年以降の教員の大量退職に伴う教育現場の諸問題 ~若手教員の授業力向上戦略を探る~」) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『教師が磨き合う学校研究』と『できる教師のデジタル仕事術』 | Main | 日本教育工学会の6月シンポジウム(「2007年以降の教員の大量退職に伴う教育現場の諸問題 ~若手教員の授業力向上戦略を探る~」) »