« 「学校評価」委員会の開催 | Main | 英語活動を充実させる教材 »

2006.06.23

コミュニケーション能力が育まれている証

 本日,大阪府南河内郡千早赤阪村のこごせ幼稚園と4つの小学校(千早,赤阪,小吹台,多聞),そして千早中学校が,文部科学省指定研究開発学校として取り組んでいる,英語科や情報科のカリキュラム開発の中間成果を公開してくれた。私も,パネルディスカッションのコーディネータを果たすために,参加した。
 6校園の共同研究のテーマは,「コミュニケーション能力を育てる」であるが,教師たちは,着実にそれに迫っていると思う。実践の成果は,英語によるコミュニケーションへの積極的態度,その方略の多様性,情報機器操作の巧みさ,情報活用の繊細さなどに示される他,写真のような子どもたちに意識に象徴されている。Dsc04446 これは,小吹台小学校の教室を借りて学習を進めた多聞小学校の児童が感謝の気持ちを黒板に残したものだ。彼らは,当該クラスの児童と親しい間柄にあるわけではない。また,本当ならば自分たちがいつも生活・学習しているスペースで活動したかったに違いない。換言すれば,小吹台小学校に行かねばならないのは,必ずしも嬉しいことではなかったであろう。それでも,場所を提供してくれた,見えざる仲間に感謝の気持ちを示すという行為は,人と人とのよい関係を築くという,コミュニケーションの本質に迫るものであり,彼らにコミュニケーション能力が育まれている証である。

|

« 「学校評価」委員会の開催 | Main | 英語活動を充実させる教材 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学校評価」委員会の開催 | Main | 英語活動を充実させる教材 »