« 「教師発達学」の講義フィナーレ(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) | Main | 第5回「虎の穴」OB会1日目 »

2006.07.28

現職教員が働きながら大学院で学ぶ(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義)

 昨日,大阪教育大学の大学院・実践学校教育専攻の「教師発達学」の講義が終了した。講義後,受講生たちに誘われ,寺田町の居酒屋に行った。受講生とは言っても,誘ってくれたのは,みんな現職教員。全員,自分よりも年輩だ。後からやってきた彼らの同級生(やはり現職教員で,私の講義を受講していない院生)が,私を見て,「誰かと思った,学生にしては』若いから」なんて不思議なコメントを出してくる状況だ。M2の方々の修論作成に向けた「決起集会」と聞いたので,誘われても最初は「遠慮します」と言っていたのだが,自分より年輩の大学院生のパワーに押されて,参加させていただいた。
 講義をやっているだけでは分からない,「現職教員が働きながら大学院で学ぶ」ことの可能性と問題をいろいろと聞かせてもらった。もし次年度もこの講義を担当するならば(このあたりは定かではない),この日の彼らの思いやこだわりを踏まえて,いっそう講義のデザインを工夫しなければならない(もちろん,今回も自分なりに精一杯工夫したつもりではあるが)という気持ちにさせられた。

|

« 「教師発達学」の講義フィナーレ(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) | Main | 第5回「虎の穴」OB会1日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教師発達学」の講義フィナーレ(大阪教育大学の大学院・実践学校教育講座の講義) | Main | 第5回「虎の穴」OB会1日目 »