« 2つの「動物のたんじょう」(「教育メディア論」にて) | Main | 聖心女子大学を訪問して »

2006.07.16

大学院生に対する指導等のカンファレンス(第3弾)

 15日,東京大学情報学環の山内研究室で,研究会を開催した。この会では,堀田さん(NIME),小柳さん(奈良教育大学),山内さん(東京大学)が,そして私が,堀田さんが指導している大学院生(現職教員)の修士論文の構成等を聞いて,その意義と課題についてコメントしてくれた。そして,それを題材として,現職教員の大学院生に対する指導等について,意見を交換した。Dsc04902
 彼(女)らの大学院での学びには,多様な可能性がある。と同時に,たくさんの課題もあるが,修士論文の作成に向けて「気合いが入っている」と胸を張って言い切った,あのチャレンジ精神があれば,それもなんとか克服できるに違いない。

|

« 2つの「動物のたんじょう」(「教育メディア論」にて) | Main | 聖心女子大学を訪問して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2つの「動物のたんじょう」(「教育メディア論」にて) | Main | 聖心女子大学を訪問して »