« 小学校英語活動の成果(広島県府中市立上下北小学校の実践) | Main | 2030年度の教育課程 »

2006.07.13

「とげとげ言葉」と「ほんわか言葉」

 12日,神戸市内のある小学校を訪問し,そこで全学年14クラスの授業を見学した。3年生のある学級の教室の掲示に写真のようなものがあった。教室で用いたくない言葉,用いたい言葉を示したものである。Dsc04852 以前,岡山大学教育学部に勤めていた際に,ある同僚から,「言葉は生き方だよ」と教えてもらったことがある。このような掲示を見ると,それを思い出す。「ほんわか言葉」が多いクラスは,学び合う人間関係が構築され,それが学力向上を支えているに違いない。

|

« 小学校英語活動の成果(広島県府中市立上下北小学校の実践) | Main | 2030年度の教育課程 »

Comments

とげとげ言葉とほんわか言葉、いいネーミングですね。子どもたちの言葉の感覚について、どう指導していけばよいかと、考えることが多いです。とっても参考になります。
言葉のニュアンスの大切さ、教えていきたいと思います。

Posted by: たなぽん | 2006.07.16 at 06:56 PM

 本校でも同じような実践を取り組んでいる先生方がいます。「ほめられてうれしい言葉」を子ども達から少しずつ集めて、学級の前面に書き込んでいきます。確かに、友達同士のかかわり方に潤滑油を与えているような気がして、穏やかな学級経営になっています。

Posted by: たかはし | 2006.07.15 at 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小学校英語活動の成果(広島県府中市立上下北小学校の実践) | Main | 2030年度の教育課程 »