« 「分かる授業」への取り組みを教師自らの手でつかむ(神戸市立六甲小学校の学力向上への取り組み) | Main | 「学校評価」に関する研修会(参加型・ワークショップ型演習の実施) »

2006.08.25

ものづくりの現場と学校教育現場をつなぐセミナー

 24日,松下電器産業(株)パナソニックAVCネットワークス社を会場にして開催された「最先端技術開発現場から学ぶ授業づくり,人づくりセミナー」に参加した(14:00前まで)。これは,ものづくりの現場と学校教育現場をつなぐことを目指して,財団法人・松下教育研究財団が主催するものである。そのコーディネーションをNIMEの堀田さんが担当しただけに,極めて多様なメニューが準備され,それらを組み合わせて授業プランを構想するような流れが用意されている。
 Dsc05535 最先端の生産現場を見学できること,そのマネージメントの工夫を責任者から直接聞けること,それらから得たものをワークショップによって授業化できることなどが特長である。私が学校を単位として展開している,実践の省察や実践史の分析に基づく校内研修とは趣きが異なるが,このような学校外の「現場」の臨場感を活かすからこそ実現する研修の存在,それらをコーディネーションする楽しさと難しさにふれた1日であった。堀田先生や財団,松下電器の方,本当にお疲れ様でした――。

|

« 「分かる授業」への取り組みを教師自らの手でつかむ(神戸市立六甲小学校の学力向上への取り組み) | Main | 「学校評価」に関する研修会(参加型・ワークショップ型演習の実施) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「分かる授業」への取り組みを教師自らの手でつかむ(神戸市立六甲小学校の学力向上への取り組み) | Main | 「学校評価」に関する研修会(参加型・ワークショップ型演習の実施) »