« 学生の講義に対する感想(就実大学「教育方法論」) | Main | 集中講義「授業研究論特講」近づく »

2006.08.16

確かな専門的知識・スキルとともに-褒めることで相手は変わる-

 本日,いわゆる人間ドック(半日コース)に出かけた。例によって,要注意の項目がいくつか――。しかし,そう深刻ではなかったので,まずは一安心。
 それにしても,今日の胃部X線検査担当の方は,私たちに対する指示が実に的確であった。「(バリュームを)こくこくと飲んで――」などと言ってくれるから,あの変な味がする液体もすっと飲めた。彼女が確かな専門的知識・スキルを有しているから与えられる指示だろう。
 加えて,この方は,よくほめる。体をひねる角度の調整などは,「いいですよ」「ぴったりですね」「グーです」などと言ってもらっているうちに,コツをつかむことができた。さらに,いろいろと自分でも体の向き等を工夫するようになった。それらによって検査時間も短くなったと思う。
 子どもに対する教師の働きかけも,同僚に対するミドルリーダーのアクションも,原理はきっと同じであろう。褒めることで相手は変わる――。

|

« 学生の講義に対する感想(就実大学「教育方法論」) | Main | 集中講義「授業研究論特講」近づく »

Comments

お元気で何よりです。私はバリウムがうまくのめなくて、追加で飲まされました。。。
「ごくごく飲む」って結構難しいですね。
厳しいお医者さんでした・・・

Posted by: はっとる | 2006.08.22 at 09:00 PM

木原先生
健康診断がパスでよかったです。
あの、八坂神社のお守りが効いてるのかも!
これからもお元気でがんばってください。

Posted by: きたがわ | 2006.08.16 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学生の講義に対する感想(就実大学「教育方法論」) | Main | 集中講義「授業研究論特講」近づく »