« 講演「学校の実践研究を活性化するために」(松下教育研究財団の実践研究成果報告会にて) | Main | 講義を受ける学生の態度 »

2006.08.09

大学の食堂(就実大学の場合,その2)

 再び大学の食堂の話になるが,ご容赦いただきたい。
 Dsc05330 今週も,岡山の就実大学で,「教育方法論」の集中講義を実施している。今日も,同大学の食堂で昼食をとった。メニューは,オムレツ,空豆とベーコンの和え物,ライス,みそ汁だ(470円)。これも,たいへんリーズナブルだと思う。オムレツは,少々ボリュームがありすぎたが――。
 Dsc05331 それにしても,ここの食堂には,写真のようなたっぷりとしたスペースが確保されている。前の記事でも書いたが,ゆったりとしていて居心地がいい。照明等も明るくていい。我が大学の食堂もこんな風になるといいのだが--。初等中等学校では最近食育の取り組みが盛んだが,大学も,食環境について配慮すべき時代が来たのかもしれない。

|

« 講演「学校の実践研究を活性化するために」(松下教育研究財団の実践研究成果報告会にて) | Main | 講義を受ける学生の態度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講演「学校の実践研究を活性化するために」(松下教育研究財団の実践研究成果報告会にて) | Main | 講義を受ける学生の態度 »