« カリキュラムについて大まじめに考える | Main | 学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)に関する研究発表 »

2006.09.09

日本教育工学会第22回全国大会の一般研究発表

 9日,東京・田町のキャンパスイノベーションセンターで,教育工学会の大会企画委員会が催された。今回は,関西大学で催される,第22回全国大会(関西大学)の一般研究発表のプログラムを組むという,最も重要な委員会だった。私ももちろん,同委員会の副委員長として参加した(これで4年目となる――)。
 全員で,各セッションの部屋割りを考えたり,各セッションの運営ルールを確認したりした。その後,私は,主として教師教育や授業研究などのセッションについて,発表のラインナップを定めたり,座長候補者を提案したりした。
 発表件数が史上最大(500件を超えた)となった今大会の成功を祈念している。

|

« カリキュラムについて大まじめに考える | Main | 学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)に関する研究発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラムについて大まじめに考える | Main | 学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)に関する研究発表 »