« やっと終わった集中講義―― | Main | 中国におけるプロモーションの条件 »

2006.09.27

『道徳ドキュメント』利用への挑戦(第43回なにわ放送教育研究会にて)

 本日,NHK大阪で,第43回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,2つの実践が報告された。1つは,『わかる国語 読み書きのツボ 高学年』を活用した実践(浅香教諭)である。そして,もう1つは,『道徳ドキュメント』「全員参加の体育祭」を用いた実践(松浦教諭)である。
 P1000550 先月の研究会も,『道徳ドキュメント』を全員で視聴し,それを活用したプランを作成するという演習を実施したが,松浦教諭の取り組みは,それに刺激されたものだ。なにわ放研のメンバーによる,『道徳ドキュメント』利用への挑戦はもうしばらく続きそうだ。ちなみに,彼は,番組を視聴させて,様々な人の立場で感想を記させ,それをマップに位置づけて,クラスの意見を総括させていた。私は,道徳的読解力を育もうとするならば,登場人物内の心の動き,揺れ,ゆらぎもおさえたい,だからマップは3次元で構成した方がよいとコメントした。
 それにしても,本日は,NHK大阪から,なんと5人もの方にご出席いただいた。だから,制作サイドの考えもたくさん聞かせてもらえた。会場の確保も含めて,ありがたい話だ。
 次回は10月20日(金)18:30から,次々回は11月22日(水)18:30からだ。いずれも休日前だから,ちょっと遠くからの方も参加をご検討いただけるかな――。

|

« やっと終わった集中講義―― | Main | 中国におけるプロモーションの条件 »

Comments

参加させていただき,勉強したいな~と思いつつも,
丸腰でおじゃまするわけにも行かず,
ちょっと躊躇しております(苦笑)。

Posted by: NOB | 2006.09.28 at 12:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やっと終わった集中講義―― | Main | 中国におけるプロモーションの条件 »