« 小中一貫教育の進展 | Main | 「確かな学びを創りたい-教育実践への3つのアプローチ」(日本教育心理学会第48回総会準備委員会企画シンポジウム) »

2006.09.12

小中一貫教育の進展2

 昨日に続き,本日も広島県府中市の上下町の学校の実践研究に参画した。本日は,上下南小学校を訪問し,1年生の道徳,5年生の社会科の授業を見学した。
 今日も,子どもたちが進学する中学校の教員が授業を見学していたし,放課後の授業研究会に参加していた。なんと3名もの出席が実現していた。そして,いわゆる参加型,ワークショップ型の協議を進めたが,司会の小学校教員が適切に中学校教員を指名して,発言を引き出していた。そして,彼らもそれに応えていた。私も,(例によってアドリブで?)中学校教員の意見を求めてみたが,違和感なく,これにも応えてくれていた。
 上下町の小中学校の教員の合同授業研究会はすっかり定着したと思う。

|

« 小中一貫教育の進展 | Main | 「確かな学びを創りたい-教育実践への3つのアプローチ」(日本教育心理学会第48回総会準備委員会企画シンポジウム) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小中一貫教育の進展 | Main | 「確かな学びを創りたい-教育実践への3つのアプローチ」(日本教育心理学会第48回総会準備委員会企画シンポジウム) »