« 『道徳ドキュメント』利用への挑戦(第43回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 指導の状況に関する比較研究(大都市-地方都市間,小中学校間,そして日中間) »

2006.09.28

中国におけるプロモーションの条件

 本日,中国・華東師範大学・教育科学学院の杜成憲教授が来日なさった。明日,本学のCOE事業の一環として進めてきた共同研究:都市におけるカリキュラム開発と学校改革に関する研究に関する報告会を催すからだ。
 その詳細は,明日以降レポートするとして,今日は,杜先生からお聞きした話を1つ紹介しておこう。それは,助教授から教授に昇任する条件に関するものだ。助教授になってから5年間でどのくらい業績をあげられるかがポイントのようだ(それ以前のものは考慮されない)。中国一般なのか,華東師範大学だけなのか分からないが,5年間で勝負というのがおもしろい。私は,岡山大学で講師から助教授に昇任して,もう9年経っている――。中国流だと失格ということになるのだろうか――。

|

« 『道徳ドキュメント』利用への挑戦(第43回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 指導の状況に関する比較研究(大都市-地方都市間,小中学校間,そして日中間) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『道徳ドキュメント』利用への挑戦(第43回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 指導の状況に関する比較研究(大都市-地方都市間,小中学校間,そして日中間) »