« 今,なぜ,小中連携なのか(小学館『総合教育技術』10月号への寄稿) | Main | 学力向上と学校におけるICT活用 »

2006.09.16

放送教育研究会全国大会(北海道札幌大会)における全放連提案

 本日,品川で,全放連・学力向上プロジェクトのメンバー数名と会って,放送教育の実践について,意見を交換した。具体的には,10月13・14日に北海道・札幌を会場にして開催される,第57回放送教育研究会全国大会で配布するリーフレットの内容や構成,そこで示される全放連提案(大会プレゼンテーション)について,集中的に議論した。
 後者では,1)放送教育とは,2)放送教育を取り巻く状況,3)札幌大会の意義と特徴,そして4)これからの放送教育という柱で,研究推進担当部長の田端さん(目黒区立伝道小学校教諭)が,放送教育の過去・現在・未来を語る。放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)の卒業生たちは,ぜひ彼女に応援のエールを。また,大会終了後には,その資料をこのブログにアップする(予定)ので,ぜひ入手して,勉強してもらいたい。

|

« 今,なぜ,小中連携なのか(小学館『総合教育技術』10月号への寄稿) | Main | 学力向上と学校におけるICT活用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今,なぜ,小中連携なのか(小学館『総合教育技術』10月号への寄稿) | Main | 学力向上と学校におけるICT活用 »