« さらに小中連携の教育研究発表会 | Main | 「授業の構築」に関する用語 »

2006.10.07

第57回放送教育研究会全国大会(北海道札幌大会)近づく!

 今月13・14日,第57回放送教育研究会全国大会(北海道札幌大会)が開催される。第1日目の13日には,幼稚園・小学校・中学校・高等学校・養護学校で,保育や授業が公開される。小学校の会場校では,放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)の卒業生が授業を見せてくれる(栄緑小学校の岡田さん,あいの里東小学校の坂野さん)。
 私は,中学校の会場校たる,札幌市立北辰中学校で講師を務める。この学校は,全クラスで放送番組を活用した実践を展開する。中学校向けの学校放送番組がそれほど多くは放送されていない状況で,全教職員で工夫して放送番組を活用し,それを通じた子どもたちの学力保障,成長保障を目指しているのは,見事である。ぜひ,ご参会いただきたい。公開授業の後,研究交流会が催され,そこで,「中学校における放送番組利用の多様性」と題するパネルディスカッションが繰り広げられる。私は,コーディネータ役を果たす。
 第2日目は,午前中に番組別研究交流会,午後に全体会が用意されている。前者では,私は,「豊かな学力向上の育成を目指して-教科番組の多様な活用を通じて-」という分科会で,やはりコーディネータを務める。ここでは,やはり虎の穴卒業生(草柳さん,水野さん)が2名も学力向上に向けた番組活用事例を発表する(全部で3つの実践報告)。後者では,全放連提案も,虎の穴卒業生の田端さんが担当してくれる。
 忙しい2日間になりそうだが,北海道,そして全国の放送教育実践家との交流を楽しみにしている。

|

« さらに小中連携の教育研究発表会 | Main | 「授業の構築」に関する用語 »

Comments

木原先生全国大会でのご指導宜しくお願い致します。会場校そして番組別研究交流会でと先生に2日間ともご指導頂けることを大変有り難く思っております。北海道の先生方とともに充実した大会となりますよう全放連として支え、盛り上げていきたいと思います。全放連提案も分かりやすくお示しできたらと思っています。

Posted by: たばっち | 2006.10.08 at 02:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さらに小中連携の教育研究発表会 | Main | 「授業の構築」に関する用語 »