« 学力向上ハンドブックの改訂(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 授業研究に熱心な中学校(彦根市立南中学校) »

2006.10.10

研究紀要の作成の秘訣(LTプロジェクトのテレビ会議から)

 9日夜,LTプロジェクトのテレビ会議を実施した。これは,松下教育研究財団の支援を受けて企画・運営している,学校研究推進リーダー養成プロジェクトだ。今年で,2年度目の活動となる。参加メンバーは,昨年度にプロジェクトで獲得した実践的知識を活用して,所属校の実践研究の推進に資するアクションを構想し,実行している。その中間報告・相互評価に,テレビ会議や集合研修を通じて,メンバーは着手する。Ltproject061009
 昨日の報告とそれを題材にした討論では様々なトピックが扱われたが,その1つが,「研究紀要の作成」であった。その秘訣について協議した。例えば,年度末に作成するものであっても,研究主任はすでにそれを構想し,必要な材料を集めておく(集めておいてもらう)こと,次年度に活用できる内容を盛り込むこと,そのためには,研究紀要には次年度の研究計画のプロトタイプ版を挿入すること,紀要の執筆になれてもらうための「書く機会」を校内研修・研究において設定しておくことなどが重要であると共通理解した。
 LTプロジェクトの初年度の成果に,研究紀要の作成に関するQ&Aがある。研究紀要の内容や作成手順に悩む読者がいたら,ぜひ,ご覧いただきたいと思う。

|

« 学力向上ハンドブックの改訂(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 授業研究に熱心な中学校(彦根市立南中学校) »

Comments

昨日はお世話になりました。2学期もがんばっていこうという元気の出るTV会議でした。

Posted by: ほそみ | 2006.10.10 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上ハンドブックの改訂(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 授業研究に熱心な中学校(彦根市立南中学校) »