« 研究紀要の作成の秘訣(LTプロジェクトのテレビ会議から) | Main | 『時代を拓いた教師たち』を読む(平成18年度「教育学演習IV」) »

2006.10.11

授業研究に熱心な中学校(彦根市立南中学校)

 P1000838 11日,滋賀県彦根市立南中学校を訪問し,第2学年国語科の授業を見学し,事後協議会にも参加した。導入場面でのゲームや音読によって,生徒の学習意欲や集中力が高められていた。なにより,枕草子のテキストの特徴を読解し,それを活かして「秋のをかし」に関する短作文を構成するという活動の流れは,よく練られていた。それを円滑に進めるためのワークシートの準備も功を奏していたし,その課題を提示する際に秋の写真をプロジェクターで提示したのも,さりげないIT活用であるが,効果的だった。提案性のある授業であった。
 P1000878 同じくらい感心したのは,この研究授業を参観している,他の教師たちの姿勢である。40名以上の教師たちが実に熱心に授業を見学し,気づきをメモにしたためる。生徒が活動している近くに歩んで,その詳細を見つめる。時には,第2,第3の指導者として機能する。自らが担当する教科は異なる教師が多いのだが,研究授業を自分の授業ととらえて,彼らは,身を投じていた。協議会でも,多くの教師が,研究授業から自分が何を学んだかを具体的にコメントできていた。
 授業研究に熱心で,実践研究が教師文化として浸透している学校を訪れるのは,気持ちがいい。とても勉強になる。私も,本日の研究授業や学校の取り組みについて,その特長と課題を精一杯コメントした。

|

« 研究紀要の作成の秘訣(LTプロジェクトのテレビ会議から) | Main | 『時代を拓いた教師たち』を読む(平成18年度「教育学演習IV」) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究紀要の作成の秘訣(LTプロジェクトのテレビ会議から) | Main | 『時代を拓いた教師たち』を読む(平成18年度「教育学演習IV」) »