« 発表を練り上げるための枠組みやモデルの提供 | Main | 他者の研究発表についての検討(日本教育工学会第22回全国大会) »

2006.11.03

日本教育工学会第22回全国大会(関西大学・総合情報学部)

 本日から3日間,高槻市の関西大学・総合情報学部で,日本教育工学会第22回全国大会が催される。
本日は2つの一般研究セッションとシンポジウム1(A,B)が設定された。私が指導している大学院生が午前中,私が午後,研究発表をおこなった。院生の発表も自分のものも,けっこう多くの方に聞いていただけた。ありがたい話だ。読者の中に発表をお聞きになった方がいらっしゃったら,感想をお聞かせいただければ幸甚である。
研究以外にも,共同研究仲間,知り合いの学校現場の先生方等々,たくさんの知り合いに再会できたのも嬉しかった。
 それはそうと,開催校の先生方のご尽力であろうが,各部屋の会場係の学生(だと思う)がとてもきびきびしていて,また礼儀正しくて,気持ちがよかった。

|

« 発表を練り上げるための枠組みやモデルの提供 | Main | 他者の研究発表についての検討(日本教育工学会第22回全国大会) »

Comments

久しぶりにお会いできてよかったです。
来月は鳥取でお会いできるのを楽しみにしています。

Posted by: YOSHIMA | 2006.11.04 at 06:37 PM

貴重なアドバイスありがとうございました。
さらに,がんばっていきたいと思います。やはり,こういった会に出て行くことは大事だと再認識しました。

Posted by: mizuno | 2006.11.04 at 09:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 発表を練り上げるための枠組みやモデルの提供 | Main | 他者の研究発表についての検討(日本教育工学会第22回全国大会) »