« 小中連携の前進,継続・発展(広島県府中市立上下中学校区の小中学校の挑戦) | Main | 地道な努力が「司会力」を高める(第45回なにわ放送教育研究会にて) »

2006.11.22

『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて)

 22日夜,NHK大阪で,第45回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,全員のプチ実践報告の後,『道徳ドキュメント』「静寂のマウンド」を活用した実践,『えいごリアン4』を活用した実践が報告された。前者は,『道徳ドキュメント』を初めて利用する教師によるものだった。チャレンジが増えるのはうれしいことだ。
 前回取り上げた回もそうだったが,この番組が示唆する価値項目は多様である。それゆえ,複数の価値項目を統合的に扱う授業,それぞれの子どもたちが自分なりに価値を反芻する授業などが実現しうる。番組を活かした道徳授業は,こういった可能性を大切にしたい。

|

« 小中連携の前進,継続・発展(広島県府中市立上下中学校区の小中学校の挑戦) | Main | 地道な努力が「司会力」を高める(第45回なにわ放送教育研究会にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小中連携の前進,継続・発展(広島県府中市立上下中学校区の小中学校の挑戦) | Main | 地道な努力が「司会力」を高める(第45回なにわ放送教育研究会にて) »