« 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 笑顔のある授業 »

2006.11.23

地道な努力が「司会力」を高める(第45回なにわ放送教育研究会にて)

 昨日も報告したが,22日夜,NHK大阪で,第45回なにわ放送教育研究会が催された。その際,ある教諭が実践報告等の司会・進行役を務めていたが,(私には)見通しを欠いた,場当たり的な進行に思えた。しばらくだまっていたが,改善される様子がなかったので,注意するとともに,自分が司会をさせてもらった。
 しかし,この教諭は,反省し,努力した。私が司会・進行役を果たしている間,私がだれにどのように問いかけるかを書き取っていた。こうした地道な努力は,きっと彼の司会力を高めてくれるだろう
 そういえば昔,大学院生だった頃,私も,演習で毎回,(質問ではないが)コメントのシミュレーションをやっていた。指導教官が投げかける問いに対して,先輩の院生がどのように発言をするかを予想していた(しかも複数)。また,それに対して指導教官がどのようにリアクションするかも,考えていた。さらに,もし次に自分が指名されたら,どのようにコメントするか,違った切り口を常に探していた。私にちょっとした司会力があるとすれば,それは,20代のこの努力の積み重ねのたまものだと思う。

|

« 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 笑顔のある授業 »

Comments

わたしは、いつも、演習に参加する時は、「こういうとき木原先生ならこう質問するだろうな。」(そのときはこう答えよう)とか、「こう切り返すだろうな。」(じゃあこう答えよう)とか考えてしまいます。癖になってます。そして、「そんなとき、あなたならどうしますか?」っていう木原先生の声が耳の後ろ辺りから聞こえてくるので、自分ならどういうふうにするのか、いつも自問自答です。頭がフル回転ですが、毎回とても充実感があります。でも、いつももごもごしてしまいます。あれは早く直したいです。

Posted by: ひろてぃ | 2006.11.24 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) | Main | 笑顔のある授業 »