« 「個に応じた指導」の浸透 | Main | 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) »

2006.11.21

小中連携の前進,継続・発展(広島県府中市立上下中学校区の小中学校の挑戦)

 P1020697本日,広島県府中市上下町内の上下南小学校,上下北小学校,そして上下中学校が合同で教育研究発表会を催した。まず午前中に,3校の授業が公開された。公開授業の時間設定を工夫しているので,3校をめぐって,なんと16の授業を見学した(とても疲れた)。
 午後は,教科,道徳,キャリア教育に分かれて,3校合同で分科会が設定された。3校の授業をつないで,協議が繰り広げられた。最後は,小中学校の教師,保護者代表,教育委員会スタッフ,そして私が登壇者となり,別の研究者のコーディネーションによって,小中連携・一貫教育の現状と課題に関するパネルディスカッションが展開された。
 3つの学校が足並みを揃えるのは,簡単ではない。けれども,本年度,合同の研究発表会を催すことができたのは,大きな進歩である。ぜひ,継続・発展させてもらいたい。
 P1020582上下北小学校の廊下に飾られた,上下南小学校や上下中学校の児童・生徒の絵画は,3者の絆を象徴している。次に上下町を訪れた際に,それが,量的・質的に充実していることを願っている。

|

« 「個に応じた指導」の浸透 | Main | 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「個に応じた指導」の浸透 | Main | 『道徳ドキュメント』の可能性(第45回なにわ放送教育研究会にて) »