« 「授業力・保育力を磨く」(岡山市教育講演会にて) | Main | 小中学校合同の教育研究大会(12月1日<金>,鳥取大学附属小中学校) »

2006.11.08

全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(横浜市立境木小学校・高野教諭のチャレンジ)

 28日,横浜市立境木小学校5年生担任の高野教諭が,NHK学校放送番組『わかる国語 読み書きのツボ 5・6年』を活用した研究授業を公開してくれる。全放連・研究部・学力向上プロジェクトの研究活動の一環だ。
 光村図書の教科書の当該学年に用意された題材,「物語を作ろう」の指導に,上記番組の「おはなしの地図(物語の型を知る)」の回を導入しようとするものだ。番組は,物語を作る際には全体の構想が大切であること,読み手を惹きつけるストーリーには意外性が盛り込まれていることなどを視聴する子どもに示唆してくれる。
 ただ,番組の問題点についての意見もメンバーから少なからず呈され,それらを克服しながら,「書く力」を高める指導と番組利用の接点をどう見いだすか,高野教諭の腕の見せ所である。研究授業は,28日午後実施される。

|

« 「授業力・保育力を磨く」(岡山市教育講演会にて) | Main | 小中学校合同の教育研究大会(12月1日<金>,鳥取大学附属小中学校) »

Comments

ご指導有り難うございました。日程は近づいておりますが、番組の学習効果を大切にして、時にこれまでの準備を捨てるぐらいの覚悟で、さらに検討致します。

Posted by: KEN | 2006.11.09 at 04:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「授業力・保育力を磨く」(岡山市教育講演会にて) | Main | 小中学校合同の教育研究大会(12月1日<金>,鳥取大学附属小中学校) »