« 実践研究助成への応募を(再) | Main | アメリカのカリキュラムの歴史 »

2006.12.26

平成18年度の放送教育実践の形成的評価(第46回なにわ放送教育研究会)

 本日,NHK大阪で,第46回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,16:00からスタートして,メンバー全員が実践報告をした。各人が,1・2学期の実践を総括した結果をレポートしたのである。いわば,本年度の放送教育実践の形成的評価の機会と位置づけられる。本会では,4月に,各人が放送教育実践に関する年度計画を策定しているが,その進展の具合を自己評価し,また相互評価する場面として,貴重である。そして,それが,来春の放送教育実践対決(次回は徳島の放送教育研究グループにお手合わせをお願いする予定)への準備ともなる。P1030785
 なお,今回は,全放連の鈴木先生・竹下先生も,わざわざ東京から足を運んでいただき,会に参加していただいた。ありがたい話だ。

|

« 実践研究助成への応募を(再) | Main | アメリカのカリキュラムの歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践研究助成への応募を(再) | Main | アメリカのカリキュラムの歴史 »