« 小学校社会科の教科書の編集会議 | Main | 学習指導法に関する議論が楽しい »

2006.12.18

「授業づくり」を何に喩えるか(I先生の講義から)

 18日,担当している講義「教職概論」に,ゲストスピーカーとして,学校現場から,I先生をお招きした。授業づくりの実際について,学生に語っていただくためにだ。今年も,たいへん示唆に富んだお話をしていただいた。P1030759
 冒頭から,圧倒された。受講生に日本地図,世界地図を描かせた後,「授業づくりは,地図を描いたり,活用したりする営為に似ています。」と結論を呈する。そして,例えば「全体像を捉えることが大切,スケールを変えて描く,目的に応じて使い分ける」等々,その理由を解説してくださった。極めて,分かりやすく,また適切なメタファだと思う。読者の皆さんは,「授業づくり」をどのように喩えるだろうか。
 その後も,授業の基盤・授業の成果,授業づくりの方法,教育実習生に伝えたいこと(具体的目標),授業づくりのポイント(総括)と続いた。

|

« 小学校社会科の教科書の編集会議 | Main | 学習指導法に関する議論が楽しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小学校社会科の教科書の編集会議 | Main | 学習指導法に関する議論が楽しい »