« 子どもたちによる英語活動プログラムの企画・運営 | Main | 助成を受けて学校の実践研究を企画・運営する際の手引き »

2006.12.03

「実践研究助成に応募するにあたって」

 松下教育研究財団では,実践研究助成という事業を推進している。これは,「視聴覚・情報通信メディアを効果的に活用し、教育課題の改善に取組む 実践的な研究計画を助成」するものだ。平成19年度の助成の募集が始まった。今回は,全国の70の学校等の実践研究に対して,助成金50万円が提供される予定だ。
私は,この助成の審査委員を10年近く(以上?)務めている。その経験を踏まえ,先日,「実践研究助成に応募するにあたって」という文章をまとめた。これは,松下教育研究財団の実践研究助成に応募する際に,申請書を作成するときに,「こんなことに気をつけてもらいたい」という注意点を,私なりに整理したものだ。財団の実践研究の応募に関するページからダウンロードできる。
 各学校が取り組んでいる実践研究の特長や計画を他者に分かりやすく伝えるのは,そう簡単なことではない。私の整理も十分とは言えないかもしれないが,申請書作成の一助にはなろう。ぜひご一読いただきたい。

|

« 子どもたちによる英語活動プログラムの企画・運営 | Main | 助成を受けて学校の実践研究を企画・運営する際の手引き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子どもたちによる英語活動プログラムの企画・運営 | Main | 助成を受けて学校の実践研究を企画・運営する際の手引き »