« カリキュラム研究会の準備 | Main | 平成18年度の放送教育実践の形成的評価(第46回なにわ放送教育研究会) »

2006.12.25

実践研究助成への応募を(再)

 松下教育研究財団では,実践研究助成という事業を推進している。これは,「視聴覚・情報通信メディアを効果的に活用し、教育課題の改善に取組む 実践的な研究計画を助成」するものだ。平成19年度の助成の募集が始まった。今回は,全国の70の学校等の実践研究に対して,助成金50万円が提供される予定だ。各地の実践家には,奮って応募していただきたい。
 ところで,私は,この助成の審査委員を10年近く(以上?)務めている。その経験を踏まえ,先日,「実践研究助成に応募するにあたって」という文章をまとめた。これは,松下教育研究財団の実践研究助成に応募する際に,申請書を作成するときに,「こんなことに気をつけてもらいたい」という注意点を,私なりに整理したものだ。財団の実践研究の応募に関するページからダウンロードできる。ご一読いただき,感想を寄せていただきたい。

|

« カリキュラム研究会の準備 | Main | 平成18年度の放送教育実践の形成的評価(第46回なにわ放送教育研究会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラム研究会の準備 | Main | 平成18年度の放送教育実践の形成的評価(第46回なにわ放送教育研究会) »