« 研究発表会が終わった後に | Main | 学力向上に関する取り組みの報告会 »

2006.12.11

学校における授業研究会の回数

 読者の学校では,1年間に,いわゆる授業研究会(研究授業とそれを題材とする協議会)が何度催されるだろうか。各学校における授業研究会の回数には,ものすごい違いがある。学校規模にもよるが,それ以上に,授業研究会を尊ぶ文化の有無,その成熟の度合いによるところが大であると思う。
 12日に,「広島県学力向上推進協議会」で講演を担当する。この協議会では,広島県の4地域から何十という学校の代表が集まり,ポスターセッション等によって,学校研究の知見を共有する。それらの学校の実践研究の様子を把握するために,事前に当日参加校の取り組みに関する資料を郵送してもらった。
 それに目を通したが,この事業で推進校となっている学校では,授業研究会がものすごい回数で営まれている。そう大きな学校ではない(つまりそう教員が多いわけではない)のに,授業研究会の回数が10回を越える学校も少なくない。授業研究会の回数だけが学校研究の充実を物語る指標ではないが,この厚みはすごい――。

|

« 研究発表会が終わった後に | Main | 学力向上に関する取り組みの報告会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究発表会が終わった後に | Main | 学力向上に関する取り組みの報告会 »